骨董品の高額買取のコツ | 骨董品査定 掛軸買取り|なつめ堂

骨董品の高額買取のコツ

掃除をしてから
骨董品を売る前にしておくことの、第一は掃除です。ホコリまみれで箱書きも読めなかったなんて笑い話にもなりませんよね。鑑定士も人ですから、スッキリしていればそれだけ好印象、気分良く、鑑定もはかどるという物です。
ただし、ゴシゴシこすったり、磨いたり、洗ったりはしないようにしましょう。

 

箱、袋、付属品を揃えておきましょう
着物、茶道具、掛け軸、工芸品、美術品、アンティーク、おもちゃやレコード。買ったときの袋や箱にも意外な価値がある物。片付けついでに捨ててしまわないようにしましょう。蓋がなかっただけで何百万円も価値が違うなんてことも。
特に、しっかりとした由緒の書いてある箱書きならそれだけで値打ちもの。あるとないとでは買取価格にも差がでてきてしまいます。

 

善は急げ、断捨離ではありませんが、
骨董品や美術品、アンティーク、楽器や家具も保存状態で買取価格が大きく変わります。「ひょっとしたら値上がりするかも」などと考えている間に徐々に劣化が進みます。
美術館では温度、湿度まで管理した場所に保管しているのですから。
着物や反物もシミのあるなしで大きく価格が変わるものです。思い出の品として大切に保存するのか、リサイクルという形でまた陽の目を見せてあげるのがいいのか、考えてみて下さい。

 

未開封のものは未開封のままで
中がどんな状態かなぁ、などと気になることもあるでしょうが、未開封・未使用はそれだけで価格アップです。ブリキのおもちゃ、プラモデル、未開封ならコレクターにも喜ばれます。

 

悩んでいる間に東京 埼玉の出張買取の利久へ電話
遺産分けでもらったけど持っていてもしょうがないし、改築、引越しで古い家を取壊したいんだけどなにやらガラクタがいっぱいで、お店に持っていくのも大変な物が
迷わず利久へお電話下さい。高額買取の利久ですが、もし買取価格に納得が行かなくても鑑定料はかかりません。
また、お店によっては得意不得意があり、何箇所にも行ったり来たり。
ガラクタかお宝か、見分けがつかなければ今すぐ利休へ電話を、出張買取なら交通費や運賃も節約できてお得です。
東京 埼玉 骨董買取の利久の電話番号は 0120-515-518
年中無休
です。
▲Page Top